母の還暦祝いに人生をまとめたムービーを贈りました

子どもは、親が大好きです。その両親のおかげで、今の自分が存在すると思うからです。中でも、自分と一緒に泣いたり、怒ったり、笑ったりしてくれた母は特別なものです。いつか親孝行をしたいと、思いながらも実際は何もできないままにいます。そんな、還暦を迎えた母のお祝いに何か特別なことをしたいと兄弟に考えました。

今までの、感謝を込めて、またこの先の母の人生が今以上に輝く日になるように願いを子どもとして祈っています。

兄弟で、何度も話し合い、また父にも相談をして家族みんなで考えたのが一本にまとめた人生フィルムです。自分達の知らない、母の若い時代や子どものときなどできる限り再現したいと思いました。

母の幼少期は、母の兄弟や親に話しを聞き、写真などもできる限り集めました。すると、自分達の知らない母の姿を見ることができ、母の青春も体験できました。

また、今の家族である父との出会いや子ども達との出会いも、一本にまとめた人生フィルムに入れました。父との出会いは、簡単にしか聞いていないので今回のことで詳しく知ることができ大変興味深くわかりました。

母の人生は、若いときは色々なことにチャレンジしていましたが、結婚してからは家族のためにいつも笑顔で頑張っていたのが自分達もよくわかるものです。誰よりも、家族のことを考え、また心配してこの人生を送ってきたように感じ兄弟で感動しました。

一本にまとめた人生フィルムは、母の誕生日までは内緒にしてサプライズで自宅で上映しました。

まず、当日は母には内緒で用意をするために、父と二人ででかけてもらいました。そして、兄弟で部屋を飾り付けて、母の好きものをたくさん用意しました。
そして、帰宅した母を囲み食事会をしてプレゼントもみんなで渡しました。

プレゼントを渡すと、母はもう何もないと考えると思いサプライズを成功させるためにも各自で用意しました。自分は、母に似合いそうな少し派手なスカーフを贈りました。まだまだ、若いと感じてほしいからです。家族からのプレゼントを、とても喜んでくれ父の言葉にも涙ぐむほどです。

それらが、全て終わってから上映会をしました。

初めは、何かわからないので驚いていましたが、だんだん自分の人生だとわかると黙ってみていました。お母さん、ありがとうと何度も言いたかったけれどやっと最後に言うことができました。母も泣いていましたが、自分も知らない間に泣いていました。

いい還暦祝いができ、良かったです。

母が喜び父が涙した、感動の還暦プレゼント

父の古希祝いに70年の人生を一本のムービーにしてプレゼントしました

私の家は年に1度お正月にホテルで親戚一同が集まって会食する習慣があります。その集まりも私が生まれる前からずっと続いているそうです。

父は私が中学生の時大きな病気をして、片方の肺がありません。激しい運動もできませんし余命宣告を受けた時期もありましたが、今年なんとか70歳になりました。そのため、70歳、古希を迎えた父へというタイトルで親戚で集まるときにお祝いをすることになりました。せっかくなので、その時にムービーを作成してプロジェクターで上映しようと私を中心に従兄弟と計画をしました。

生きてきた軌跡を映像にして、親戚のおじさんに写真の提供を受けて話を聞きながら構成を練りました。母は照れていましたが、母との出会いや子、孫の誕生などできるだけ正確に戦後の貧しい時代から豊かな現代への変化などを交えながら、包み隠さず、ユーモアもところどころ入れて制作しました。

最初の意図は病気を乗り越えた父を励ますような内容にしようと思ったのですが、私がパソコンを利用して、当時の様子の動画や画像などを引用して作成したため、出来栄えはどちらかというとドキュメンタリーのような内容になってしまいました。

父にはムービーを流すことを全く言っていなかったため、突然のことに驚いていましたが、みんなもお酒が入っていたにもかかわらず、親戚一同集中して見てくれました。私は少し笑いも欲しかったのですが、父は私の横で涙を流しながら見てくれていました。私は、その時初めて父の涙を見たような気がします。親戚一同もお正月から良いものを見たと言ってくれました。

ムービーが上映された後は、昔の話で盛り上がりました。戦後の貧しい時代から豊かな現代への変化は大きく、戦争中は本当に食べるものがなく、芋のツルまで食べた話や最近のスマートフォンは使いこなせないといった世間話まで親戚一同がさらに親密な関係になるきっかけにもなりました。

母との出会いや子、孫の誕生では、もてなかった父がいきなり綺麗な女性と結婚すると言ってきたため、騙されているのではないかと心配になった高齢の祖母のエピソードなども紹介しました。その時は親戚中が心配する大事件だったようです。

この内容を知っていた母までもが泣いていました。わたしが生まれる時難産で死ぬかと思ったとか言い出したため、悪いことしたかなとも思いましたが、正月早々にこれほどまでにみんなが感動してくれたことは私も嬉しかったです。仕事と合間に従兄弟と集まって構成を練って、時間をかけた甲斐があったなと思いました。

最後に涙を流しながら父からありがとうと言われたことは一生の思い出になりました。

父と母が感動で涙した、古希のプレゼント

喜寿のお祝いに人生を物語にした映像をプレゼント

大好きな祖父と祖母が共に喜寿を迎えました。77歳のお祝いです。2人はいつも一緒で、並んで趣味の家庭菜園を楽しむ姿を見ていると、自分も将来ああいう風に歳を重ねて行きたいと思えるのです。

私の親戚は皆仲が良く、なにかイベントがある度に全員集まります。もとからイベント好きという性分もあるのかもしれませんが、家族と過ごす時間を大事にしたいという気持ちが同じだからだと思います。

そんな親戚たちですので、喜寿のお祝いを知らんぷりするはずもなく、祖父と祖母に内緒でプレゼントを決める会議を招集しました。

祖父と祖母は家庭菜園以外にも趣味が多く、ゲートボールやフラダンス、囲碁などとにかく活発な人達です。その趣味に関連するものがいいだろうということで、ハワイ旅行や京都旅行など、さまざまな案が挙げられました。

でも、一生形として残るものがいいだろうということで一致したので、次の会議までにそれぞれ候補を絞ってくることになりました。何か面白いプレゼントは無いかと探している時に私がみつけたのが、人生を物語にしたムービーを作って、それをプレゼントにするということです。

これまで歩んできた祖父と祖母の様々な人生のイベントを再現し、1本の映像にまとめるのです。一族の歴史に触れることができますし、祖父と祖母だけでなく皆で楽しめるものになると確信しました。

さっそく提案したところ、皆大賛成してくれました。意外にも私の父などの世代の人達も賛成してくれて、とても嬉しかったです。

ムービー作りの参考にしたのが、古い写真達です。節目節目に撮影されたそれらは、当時の瞬間を切り取った大事な資料ですので、とても参考になりました。人生のイベントを再現するのですから、間違いがあってはいけないので、徹底したリサーチも欠かしませんでした。

そしていよいよ完成です。喜寿のお祝いに集まった親戚一同の前で、1本のムービーをプレゼントしました。いまいち分かっていないような祖父と祖母でしたので、さっそく上映会のスタートです。画面のなかで、2人が歩んで来た人生が再現されていきます。私の父が誕生したときのエピソードも盛り込まれていて、うかつにも涙ぐんでしまいました。

決して楽なことばかりではなかった2人の人生ですが、こうやって皆でそれを振り返ることができたことはとても幸せなことです。2人共とても喜んでくれました。感動と感謝の言葉を、溢れるくらいもらうことができました。

77歳の祖父母を祝った、最高の喜寿プレゼント

米寿のお祝いにばあちゃんの人生を映像化してあげたところ

実の母が米寿を迎えました。一族のみんなが集まってお祝いをしたことは言うまでもありません。88歳を迎えてもまだまだ元気な母は、いつも以上に笑顔をたたえ、喜んでくれているようでした。

実は、弟夫婦とも事前に打ち合わせをしておいて、ちょっとしたサプライズをしようともくろんだのです。母へ、米寿のお祝いを特別にしたいとの気持ちからです。いろんなアイデアが出てきたのですが、最終的には、母の88年の歴史を映像フィルムとしてプレゼントしようということになりました。

決まったのはいいのですが、実のところ、それを具体化するのが大変でした。昔のことですから、そんなに写真も残っていません。もちろん、動画なんて皆無です。それでも、セピアカラーの写真だからこその良さがあるとの思いで、まずは、写真集めから始めました。

もちろん、母には内緒です。

母が幼い頃、姉と一緒に撮った写真とか、成人式のときの姿、あるいは、父と一緒に旅先で撮影した写真など、とにかく、可能な限り収集したのです。そして、パワーポイントでストーリー化し、作品として仕上げました。言葉にして言えば簡単ですが、実際に映像化するプロセスは、悪戦苦闘しました。

弟との意見や考え方が合わず、口論になりかけたこともあるほどです。それでも、なんとか完成させることができました。私達夫婦と弟夫婦だけで、その時点での作品を見て、再度、手直しをいたしました。文章を入れたり、また、音楽を流したり、それなりに趣向を凝らして、まとまった映像として作り上げたのです。

いよいよ、米寿のお祝いの日を迎えました。

家の近所の料理屋さんで開きました。料理を口にし、お酒も回ってきたタイミングで、母のこれまでの歩みを映し出しました。最初は、何事が始まるのかと緊張していた母ですが、ストーリーが進むにつれて、みずからが、解説を加えていくなど、すっかり、その場の雰囲気に溶け込んでくれました。

88年の歴史を映像フィルムとして映し出したことは、母にとっても思わぬ感動であったと思います。私や弟の孫たちも、物珍しそうしに映像に見入っていました。そもそも、カラーでない画像を見ること自体に、違和感があったのかもしれませんが、慣れてくると、孫たちも非常に興味を持ち始めてきたのです。母から見ればひ孫に当たる存在ですが、遠い過去の母の姿をずっと眺めていました。

それにしても、母の88年の歴史を映像フィルムとして作ったことは、母への何よりのプレゼントであったと思います。

おかげさまで、四世代、家族みんなが笑顔になることができました。皆の思い出に残る、すばらしい米寿のお祝いとなりました。

家族揃ってお婆ちゃんを囲んだ米寿のプレゼント

退職のお祝いに会社のみんなで再現VTRを作ってあげました

職場の人間関係に悩む方は多いようですが、幸いなことに現在私が勤務している会社は、非常にアットホームで皆仲良しで、1つの家族のような雰囲気のなかでのびのびと仕事ができる環境です。

もちろん、パワハラやセクハラなどとは無縁で、新卒で入社して10年経った今でも、入社当時の先輩や同僚のメンツは変わらず、それだけ定着率の良さを表していますよね。尊敬する先輩、頼れる後輩に囲まれて、自分のスキルを着実の伸ばせていると実感できている私はとても幸せ者だと思っています。

私の社会人人生を語るのに欠かせない存在がいます。それは、入社4年目で配属された部署でお世話になった上司です。入社4年目ともなると、少し自信もつき、かつ驕りもできてしまうので、ミスをしやすい危険な時期です。案の定、取引先との大事な商談を危うく破談にしてしまいそうになるという、大きなミスをやらかしてしまったのでした。

そんなとき、フォローしてくださったのが上司でした。もちろん叱られました。ですがパワハラのような、己の感情にまかせて叱るのではなく、今後の社会人人生の礎となるような、愛情溢れる教えがたくさん詰まったお叱りでした。当時はとてつもなく落ち込みましたが、そんなお叱りがあってこそ今の私があると思っています。

そんなお世話になった上司が退職することになったので、かつてお世話になった者、同じ部署で仕事をしていた者皆で上司の退職祝いのプレゼントを贈ることにしました。

候補はいくつかありました。万年筆、旅行券、趣味のゴルフグッズなどなどです。どれもいい案に思えましたが、いまひとつインパクトに欠けるような気がして、皆納得できませんでした。

そんなときに知ったのが「映像ギフト」です。上司の会社での軌跡をまとめた映像を贈るのです。社内では一目置かれる存在だった上司ですので、輝かしい軌跡はたくさんありました。それらを社員みんなで再現VTRを作成し、プレゼントしようということになりました。

お祭り騒ぎが大好きなメンバー、芸達者なメンバーがたくさんいましたので、再現VTRはそれは面白いものに完成しました。思い切り笑えて、最後はすこししんみりするような、内容の濃いものに仕上がりました。

上司の退職日に、皆を集めて上映会をしました。爆笑の渦につつまれ、最後はみな爽やかに涙して、とても良い雰囲気で上司を送り出すことができました。

思い出に残る退職ギフトに、パーフェクトな退職祝いを送ることができました。

もうすぐ定年退職を迎えた上司への退職プレゼント

本当に有効なシャンプー

入浴時などに髪を洗う際に使うシャンプーですが、本当に有効なシャンプーを使っていらっしゃる
でしょうか?
このことはあまり知られていないようですが、洗髪するときにシャンプーの使い方を誤まると抜
け毛による薄毛に繋がってしまいます。
シャンプーを正しく使って、毛髪だけでなく毛根や毛穴の汚れをきれいに取り除いておかないと、
健康な毛髪の成長を促進することが出来ません。
お薦めするシャンプーは「黒ヘアーDX」ですが、このシャンプーは毛根や毛穴に溜まった汚れを
きれいに取り除いてくれます。
「黒ヘアーDX」を洗髪時のシャンプーにつかうと、そういった汚れをきれいにすることに加えて、
一緒に配合されている育毛効果もについても、より多くのメリットが得られるようです。
「黒ヘアーDX」には、さまざまな育毛効果が期待出来る有効成分が配合されています。
その成分は、北海道の知床の海水が持っている天然のミネラルや海藻エキスを豊富に配合してあ
るため、このフィンペシア 副作用を使うと頭皮や毛髪の汚れを洗いながら、毛髪が成長するのに必要な栄養素
を与えてくれます。
10年という研究期間を費やして製品化されている「黒ヘアーDX」です。
なので、薄毛の悩みを抱えている人達から喜びや感謝の言葉が送られているようです。

脱毛を抑制する医薬品

若AGAの対策情報をまとめていますの治療方法と言うと、最近ではプロペシアも注目されるようになりました。
プロペシアには若AGAに有効なフィナステリドという成分が配合されており、重度の若AGAの治療においてはプロペシアが良いとされています。
また、プロペシアには副作用もありますので、処方については病院でして貰いましょう。
最近ではプロペシアはフィンペシアと言う安いタイプのものも売られているので、価格にして1日300円ほどで治療を受けられるようになっています。
また、もう1つ注意点がありますが、プロペシアは若AGAの初期症状には余り有効ではありません。
若AGAは単純に脱毛が一時的にでるだけのものもあり、こちらが初期症状です。
この際には、プロペシアの成分が有効となりませんので、しばらくは様子見をしておきましょう。
そして、髪の毛の脱毛がいつまで経ってもよくならない場合に、プロペシアを服用します。
プロペシアは脱毛を抑制する医薬品で、フィンペシアなどの医薬品においても効果は同じです。
病院や通販でお買い求めができるので、そちらで購入するのが今では一般的となっています。

近頃人気がある育毛剤

近頃人気がある育毛剤は、利尻昆布のエキスが配合されているタイプがあります。そのほかにも、天然由来の植物のエキスを配合して製品化されている白髪染めや、育毛シャンプーなどがたくさんの人気を集めているようです。
なお、それらの育毛剤などは薬剤の匂いがする訳ではなくて、爽やかな香りが漂うように製品化されていますから、長く使い続けることが出来る商品だと言えます。利尻昆布のエキスが配合されている育毛剤は、男の人よりも女の人のほうが需要が高いようです。
加えて、それらの育毛剤ランキングサイト.netなどをインターネット上から購入すると、通常よりも安価で購入することが出来る上におまけのような感じでポイントをためることもできます。また、送料が無料のサイトも多くありますし、購入者の立場に立って育毛剤などを販売してくれているということが認識出来ます。
利尻昆布のエキスを配合した育毛剤は完全無添加ということですが、トラブルがまったくないとは言い切れません。しかしながら、そのようなトラブルが起きてしまった場合でも返品・返金の対応をしてくれますので安心して購入することが出来ます。
また、その利尻昆布の育毛剤はほかの育毛剤と比べると特別な効能がある訳ではありませんが、とてもたくさんの需要があるようです。そのことは、利尻の育毛剤が低刺激で商品価格が低価格に設定されているところにあるようです。
そのほかにも、初めて利尻の育毛剤を使うような場合でも、肌に与えるダメージを最小限に抑えることが可能ですから、皆さん安心してリピートされているようです。
この利尻の育毛剤は完全無添加だということですが、植物性ということもプラスに働いているようですから、信用できる育毛剤として多くの人に認識されているようです。
どんな育毛剤を使うにしても、その効能が実感出来るようになるまではある程度の時間は必要になりますから、そのことをきちんと理解した上で少しづつでも長く続けることがとても大切な育毛ということになります。